未分類

Amazon、店内で他社の価格をチェックしづらくする特許を取得。競合他社から購入する行為を規制へ

Amazonは「実店舗または小売店舗内でのオンラインショッピングを管理」する技術の特許を取得したという。

この特許では、買い物客がAmazonの所有する店舗(現段階ではAmazon Books、今後はWhole Foodsも対象となる見込み)を訪れてAmazonが提供するWi-Fiを利用すると、閲覧はAmazonによって監視され、競合他社のウェブサイトへのアクセスがブロックされるという。

しかし、皮肉にも、Amazonは何年も前からユーザーが他の店を簡単に実質的なショールームに変えられるようにしている。2010年には同社の買い物アプリにバーコードスキャン機能を導入し、それ以来スキャン技術を改善して、カメラを向けるだけで商品を特定できるようにした。

米ZDNetも指摘しているように、買い物客は携帯電話会社のデータ通信網を利用することで、この技術を回避し、価格を比較することができると思われる。また、この特許が付与されたからといって、実際にAmazonが同社の店舗内でこの技術を利用するとは限らない。

https://japan.cnet.com/article/35102918/

続きを読む

Source: IT速報

Source: 2ちゃんのあんてな

ガイネラ