未分類

最新版「カスペルスキー セキュリティ」が販売開始。OS再起動時のマルウェア感染も防ぐ新機能などが追加

株式会社カスペルスキーは12日、個人向け総合セキュリティソフト「カスペルスキー セキュリティ」の最新版を発売した。 価格は3,980円(1年1台ダウンロード版、税込)からで、カスペルスキー・オンラインショップおよび店頭で販売する。

同製品には、Windows版「カスペルスキー インターネット セキュリティ」のほか、Mac版「カスペルスキー インターネット セキュリティ for Mac」、Android版「カスペルスキー インターネット セキュリティ for Android」、iOS版「Kaspersky Safe Browser」アプリが含まれており、ライセンス台数の範囲で使用できる。

新たに、Windows版ではOS再起動時にマルウェアへの感染を防ぐ機能が追加された。また、セキュリティリスクを及ぼす可能性のあるアドウェアやリスクウェア、ポルノウェアを含むウェブサイトを検知する「危険サイト診断機能」も装備。これまでの「安全(緑)」「危険(赤)」に加え、「警告(黄色)」レベルでサイトのブロックが可能になった。

無線LAN使用時にセキュリティメッセージを表示する安全対策機能をWindows版に加えてMac版にも追加した。安全性の低いWi-Fiを検知した場合、VPN接続を利用するサービス「カスペルスキー セキュアコネクション」も用意。1日200MBまで無料で利用可能としている。

続きはソース元から
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1085760.html

http://www.kaspersky.co.jp/about/news/product/2017/pro12102017

続きを読む

Source: IT速報

Source: 2ちゃんのあんてな

ガイネラ